HOME > イベント情報 > シアターラボ2005「地蔵さんが転んだ」

アターラボ2005 「地蔵さんが転んだ」 

戯曲講座から生まれた優秀戯曲を本格上演

北九州芸術劇場では、2004年5月から9月まで坂手洋二氏を講師に迎え「戯曲講座」が実施されました。シアターラボは、その戯曲講座から生まれた戯曲のうち、厳選された1本を実際に上演してしまおうという企画です。『地蔵さんが転んだ』は、家族のつながりや軋轢を描いたちょっと切なくなる秀作で、精緻にして情熱の演出家、川畑秀樹氏の手腕とオーデションで集まった俳優とで、どれだけ豊かな舞台になるのか楽しみです。

■戯曲講座って?
2000年よりスタートした劇場オープンのプレ事業「シアターラボプロジェクト2003」。2年目から地元演劇人の底上げを目指して戯曲講座がスタート。今年は劇作家・坂手洋二氏を講師に5月から9月まで開講された。

■シアターラボって?
戯曲講座と共にスタートした「完成した優秀戯曲を実際に上演する」企画。今年は上演作品を決める前にリーディング公演を行い、観客の意見も取り入れながら上演作品を決めた。

プロフィール

松田清志(まつだ きよし)

1976年、北九州市生まれ。久留米大学演劇部を経て1997年にセコンドユニット(劇団)を旗揚げ。「王様と家畜」「例題・バイブル」「山本ヤスヒロ失踪事件」「宴夜」「輪組」「かむす」等を作・演出。他にもプロデュース活動や映画「ユリイカ」の九州ロケの参加なども行うが、2001年に一身上の都合により演劇から遠ざかり、団体も活動を休止。その後、2004年に再開し「自由自在−空を駆け巡る−」を上演。現在は福岡市を中心に活動中。2005年2月12日、13日に、福岡(NTT夢天神ホール)にて「月夜ノ砂漠ニ咲き誇ル醜女」を上演予定。


川畑秀樹(かわばた ひでき)

演劇集団Year's2で20本以上の公演に参加。演出助手として研讃後、自らのプロデュースで「階段の悪党」「レティスとラベッジ」、ギルドホール公演「夏の木」「どうりでガサゴソすると思ったら」を演出。また、栗山民也氏演出助手として「メジャーフォーメジャアー」「King Lear/リア王」「ガラスの動物園」「エヴァ帰りのない旅」「エイミーズ・ヴュー」「二十世紀」「欲望と言う名の電車」など多数参加。坂手洋二氏主宰の燐光群、アトリエ公演にて岸田國士作「葉桜」「驟雨」「ある親子の問答」、別役実作「壊れた風景」を演出。2002年、文化庁在外研修員としてNewYorkでoff Broadwayの芝居作りにオブザーバーとして参加。

STORY

九州のとある片田舎。就職と同時に家を離れて連絡もなかった娘が、盆休みだからと、突然帰って来た。
家族の心配を余所に、娘はいつになっても帰ろうとしない。
そんな娘を中心に巻き起こる小さなイエの重大な物語。

公演日程

2005年

2月 19日(土) 20日(日)
14:00
18:00  

☆アフタートークあり

※開場は開演の30分前

会場

小劇場 座席表はこちら

脚本

松田清志

演出

川畑秀樹

出演

江口之章(青春座)、加賀田浩二(飛ぶ劇場)、坂井香奈美、葉山太司(飛ぶ劇場)
森光佐(のこされ劇場≡)、北村功治(飛ぶ劇場)、梅田剛利(劇団翔空間)

スタッフ

舞台美術/渡部愛 照明/乳原一美 音響/豊口謙次 衣裳/内山ナオミ
小道具/山口千琴 舞台監督/福間塁

チケット発売日

一般発売開始 : 2004年12月19日(日)10:00より

 

チケット料金(税込)

全席指定 一般3,500円、学生2,000円

※当日各500円増

※未就学のお子様はご入場できません

チケット取扱

■店頭販売のみ(一般発売初日チケット発売 10:00〜)

  • 北九州芸術劇場プレイガイド(10:00〜19:00)
  • (財)北九州市芸術文化振興財団(9:00〜17:00、土日祝休み)
  • 響ホール事務室(9:00〜17:00)

■その他取扱プレイガイド

  • チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:352-911)
  • ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:89883)

託児サービス(有料・要予約)

お子様連れの方へ
この公演では未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
託児サービスをご利用ください。

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655 (オンラインでのお問い合わせフォームはこちら)

関連サイト・備考

主催/(財)北九州市芸術文化振興財団

共催/北九州市

このページのトップへ