HOME > 学芸事業 > 学芸事業

学芸事業

劇場の外での普及活動や、人材を育てる事業にも力を入れています

北九州芸術劇場では、地域の人々とつながり、ともに育っていくために、学校や地域でのアウトリーチ(教育普及)活動や、作品の創造を支える専門家を育成する講座、舞台芸術を身近に体験してもらうワークショップなどの学芸事業を行っています。

なぜやっているの?

 

画像イメージ:アウトリーチ活動

劇場以外の様々な場所で、子どもからお年寄りまで誰もが気軽に舞台芸術に触れ、体験できる機会をつくるのも劇場の大事な役割の一つだと考えています。

舞台芸術を基にしたプログラムによって、子どもたちが表現力や想像力、コミュニケーション能力を養い、創造性や個性を伸ばす手助けとなったり、地域の人々が自分を表現する喜びや楽しさ、難しさを体感して、自己実現や日常生活に新しい可能性を見出すきっかけになればと思います。

つくる

であう

知る/体験する

アーカイブ

このページのトップへ