HOME > イベント情報 > ダンスダイブウィーク「ショーケース」
ダンスダイブ2015

ダンスダイブウィーク「ショーケース」 

モモンガ・コンプレックス (C)重松美佐 モモンガ・コンプレックス (C)重松美佐 モモンガ・コンプレックス
Kentaro!! (C)重松美佐 Kentaro!! (C)重松美佐 KENTARO!!
んまつーポス (C)重松美佐 んまつーポス (C)重松美佐 んまつーポス
カンパニーデラシネラ (C)重松美佐 カンパニーデラシネラ (C)重松美佐 カンパニーデラシネラ

+クリックすると拡大画像が表示されます

いろんなダンスを観てみたいという人のために、とにかく多様なダンス作品を取り揃えました。あなたのお気に入りを見つけませんか?

モモンガ・コンプレックス
北九州演劇フェスティバル2013、2014のダンスパレード振付・演出で街にダンスを沸きあがらせた白神ももこが率いるモモンガ・コンプレックス。ついに待望の劇場公演が実現!
KENTARO!!
北九州初登場!自身が主宰するカンパニーのダンス・演劇公演、音楽活動にも意欲的に取り組み各方面で高い評価を受けるKENTARO!!が、今回は久々となる新作ソロを発表します。
んまつーポス
昨年DDW「DANCE20min.」に出場し、その運動神経と完成度の高さで観るものを虜にしたんまつーポスが、代表作「Hurdle」をブラッシュアップさせて北九州に帰ってきます!
カンパニーデラシネラ(小野寺修二)
マイムのテクニックを用い、舞台の空間が歪むような演出にあっと驚かされるカンパニーデラシネラ。今回上演されるのは、無言で繰り広げられる少し奇妙な物語です。

公演日程

2015年

日程 タイトル
9月19日(土)14:00

モモンガ・コンプレックス「健康的ピープル。」
KENTARO!!「森に帰るケレックス」

9月20日(日)14:00

んまつーポス「Hurdle #3」
カンパニーデラシネラ「もう一つの話」

☆両日ともアフタートークあり

※開場は開演の30分前

  当日券取り扱いについて

会場

小劇場

チケット料金(税込)

日時指定・全席自由

一般2,000円、ユース1,000円

《2回セット券》各20セット限定・劇場にて前売のみ取扱

一般3,000円、ユース1,500円

※ユースは、24歳以下・要身分証提示・枚数限定・劇場のみ取扱

※未就学のお子様はご入場できません

チケット発売日

一般発売開始 : 2015年7月5日(日)10:00より
チケットクラブQ先行予約 : 2015年6月27日(土)10:00〜17:00のみ

チケット取扱

■北九州芸術劇場

  • オンラインチケット(3:00〜4:00除く)
  • プレイガイド(10:00〜19:00)
  • TEL 093-562-8435(10:00〜17:00土・日・祝を除く)

■その他取扱プレイガイド

プロモーションビデオ

プロフィール

画像:モモンガ・コンプレックス
(C)北川姉妹

モモンガ・コンプレックス「健康的ピープル。」
振付・構成・音楽:伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団)
出演:臼井梨恵、北川結、夕田智恵、白神ももこ(以上モモンガ・コンプレックス)
照明:久津美太地、音響:星野大輔(サウンドウィーズ)

白神ももこ主宰のダンス・パフォーマンス的グループ。見落とされがちな小さな事柄や、世界のメインではない「端」に位置するもののおかしみや悲しみに着眼した作品に定評がある。2015年3月、本公演Vol.11『大失敗。』を東京、京都、広島にて上演。本作は、昨年6月に珍しいキノコ舞踊団と互いのカンパニーの振付家を交換して上演した『Togetherさ。』より、伊藤千枝氏の振付作品です。http://www.momongacomplex.info/

画像:KENTARO!!(C)Cordula Treml

KENTARO!!「森に帰るケレックス」
振付・音楽・出演:KENTARO!!

ダンサー/振付家。ダンスカンパニー<東京ELECTROCK STAIRS>主宰。HIPHOPを中心としたダンステクニックをベースとしながらも、既存のスタイル化されたものから括られず、自ら作る音源と曖昧にシンクロしながら独自の表現を実践している。音楽ユニット「誰かの思い出」としても活動し、今年3月にアルバムをリリース。2010年よりセゾン・ジュニアフェロー。海外からの招聘も多数あり、様々な場所でパフォーマンスを発信している。http://www.kentarock.com/


画像:んまつーポス(C)Ayano So

んまつーポス「Hurdle #3」
振付・演出・構成:んまつーポス&高橋るみ子(宮崎大学教育文化学部准教授/舞踊教育学)
出演:児玉孝文、みのわそうへい、豊福彬文
照明:工藤真一(ユニーク・ブレーン)

スポーツと芸術の境界域をそれぞれの先端と捉え、“大学の知”とコラボレーションしている。海外では、エストニア、韓国、中国、イギリス、ルーマニア(シビウ国際演劇祭)で招聘、作品を発表。国内(今年度)は、六本木アートナイトや第25回こうさくてん(金沢21世紀美術館)、いわき芸術文化交流館アリオス・アウトリーチなど多彩に活動中。豊福が、ルーマニアで現代芸術的体育を紹介(平成26年度文化庁新進芸術家海外研修制度)。http://www.odosupo.com/nmatu-posutop.html

画像:カンパニーデラシネラ
(C)Yosiaki Yamamoto

カンパニーデラシネラ「もう一つの話」
演出:小野寺修二 出演:カンパニーデラシネラ

演出家。カンパニーデラシネラ主宰。日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。95年〜06年パフォーマンスシアター水と油。その後文化庁研修員として1年間フランスに滞在。帰国後カンパニーデラシネラを立ち上げる。作品はマイムの動きをベースに台詞を取り入れた独自の演出で、世代を超えた注目を集めている。また、瀬戸内国際芸術祭など劇場内にとどまらないパフォーマンスにも取組む。第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。http://www.onoderan.jp/

託児サービス(有料・要予約)

お子様連れの方へ
この公演では未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。託児サービスをご利用ください。

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655 (オンラインでのお問い合わせフォームはこちら)

関連サイト・備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団

共催/北九州市

助成/平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

企画・製作/北九州芸術劇場

このページのトップへ