HOME > イベント情報 > 北九州芸術劇場×北九州市立美術館vol.3「画狂老人@北斎」

北九州芸術劇場×北九州市立美術館分館 vol.3
画狂老人@北斎 
シルバー人材センターでくすぶっていた老マンガ家がフランスで火がつき
「21世紀の北斎」と呼ばれ世界から賞賛されるようになった理由について。
 

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》1831-34年

+クリックすると拡大画像が表示されます

木村健二(飛ぶ劇場) 立石義江 葉山太司(飛ぶ劇場) 宮村耳々 渡辺明男(バカボンド座)

世界が絶賛した浮世絵師

江戸時代、天才絵師として齢90まで生きた葛飾北斎。引越すこと93回、改名約30回、酒も煙草もやらなかったという彼の足跡を辿りながら、彼の代表作《冨嶽三十六景》の1つ「神奈川沖浪裏」が海外のアート界に与えた衝撃、影響に迫ります。

また、会場では北斎の《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》をはじめ、北九州市立美術館が所蔵する複数の浮世絵を特別展示し、観劇のあとには学芸員による作品解説を行います。

美術をテーマにした演劇と実際の作品を同時に鑑賞することにより、ひとりのアーティストとその作品をじっくりと味わうことのできる特別な時間を提供します。劇場と美術館とのコラボ公演ならではの特別企画をお楽しみください。

葛飾北斎(Katsushika Hokusai, 1760-1849)

浮世絵師。役者絵の第一人者勝川春章に入門し、19歳の時に勝川春朗の名で浮世絵界にデビューする。のちに勝川派を離れ、俵屋宗理、戴斗、為一、画狂老人卍など改号を繰り返す。伝統的画派や西洋画法などの諸派を学び、影響をうけながら画風を確立していく。70年にわたる長い画業の中で、肉筆画、読本挿絵、絵手本集など幅広い分野を手がけ新しい表現を追求し続けた。没後、ヨーロッパに渡った北斎の作品は、モネやドガ、セザンヌ、ゴッホ、ロートレックら芸術表現の革新を目指す画家たちに多大な影響を与えた。

公演日程

2015年

5月 14日(木) 15日(金) 16日(土) 17日(日)
13:00    
14:00    
16:00    
19:00    

※各公演終了後、学芸員による作品解説あり

※受付は開演の30分前、開場は開演の20分前

※前売り券は全公演予定枚数の販売を終了しました。

  当日券取り扱いについて

会場

北九州市立美術館分館 (リバーウォーク北九州5F)

チケット料金(税込)

日時指定・全席自由

1,200円 (当日1,500円)

※未就学児のお子様はご入場できません

※年長者施設利用証(北九州市交付のもの)、たんけんパスポート、障害者手帳、他 各種料金割引サービスは行っておりません

チケット発売日

一般発売開始 : 2015年3月8日(日)10:00より

※この公演ではチケットクラブ先行予約を行っておりません。

作・演出

泊篤志(飛ぶ劇場)

出演

木村健二(飛ぶ劇場)、立石義江、葉山太司(飛ぶ劇場)、宮村耳々、渡辺明男(バカボンド座)

解説

北九州市立美術館学芸員

チケット取扱

■北九州芸術劇場

  • オンラインチケット(3:00〜4:00除く)
  • プレイガイド(10:00〜19:00)
  • TEL 093-562-8435(10:00〜17:00土・日・祝を除く)

■その他取扱プレイガイド

託児サービス(有料・要予約)

お子様連れの方へ
この公演では未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
託児サービスをご利用ください。

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655 (オンラインでのお問い合わせフォームはこちら)

関連サイト・備考

企画・製作/北九州芸術劇場、北九州市立美術館

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団、北九州市立美術館

共催/北九州市

協賛/リバーウォーク北九州

このページのトップへ