HOME > イベント情報 > マシーン日記

 マシーン日記 

撮影:引地信彦width=width=width=width=width=width=width=
+クリックすると拡大画像(8点)が表示されます
鈴木杏 少路勇介 オクイシュージ 峯村リエ

北九州出身の松尾スズキが描く、
恋愛カタストロフィの決定版。

劇作家、演出家、俳優、小説家、映画監督としてマルチに活躍し、時代と人間の移ろい、また不変性を冷静に見つめ、観る者に鮮烈で深い印象を与えるクリエイター松尾スズキ。初演から16年経った今なお、不変的な愛のかたちを描いた代表作を、自身の演出で12年ぶりに再演。

登場人物は4人。小さな町工場を営む兄と、ある理由から兄によって監禁されている弟、兄の妻、彼女の元・担任で工場にパートとしてやってきた女。社会から弾き落とされた、あるいは自ら背を向けた彼らの発熱する愛憎は、やがて町全体へと広がっていく・・・。

愛がベルトコンベアを動かし、憎しみがスイッチを入れる。松尾スズキが描く、恋愛カタストロフィの決定版を新キャストで上演。

松尾スズキより

画像:松尾スズキ

夏だった。片桐はいりで一本舞台を書いてくれと、演劇制作会社の社長に頼まれ、俺は笹塚の7万円のアパートで、この芝居を書いていた。

まだ、原稿用紙に鉛筆書きの時代だ。

初めて、よそのカンパニーに書き下ろす作品。俺は悪戦苦闘していた。そして、午前4時。タバコを切らせていた。

近くの自動販売機に買いに行こうと、明け方の笹塚の坂を登ろうとしたとき、坂の上に一人の男が、ゆらゆらと立っているのが見えた。

その顔には貼りついたような薄ら笑い。あきらかに、危険な香りを醸し出していた。やばいな、と、思い、別の自動販売機を探そうと踵を返した瞬間、怒鳴り声が聞こえた。

「おまえかあああああああああああああああああ!」

男は、笑いながら俺を追いかけて来た。猛スピードで。

俺は、もちろん逃げた。闇雲に逃げて、角を曲がり角を曲がり、男をまいた。

なんだったんだ。

俺は、恐怖と不条理で、まだ薄暗い笹塚の小路にしゃがみこんだ。


そこから、1週間でスラスラスラスラっと、台本が書き上がった。

それが、この芝居です。

公演日程

2013年

4月 20日(土) 21日(日)
13:00  
18:00  

※開場は開演の30分前

※上演時間約2時間(休憩なし)

  当日券取り扱いについて

会場

中劇場

チケット料金(税込)

全席指定

一般5,500円

ユース(24歳以下・要身分証提示・枚数限定・劇場のみ取扱)3,000円

※当日各500円増

※未就学児のお子様はご入場できません

チケット発売日

一般発売開始 : 2013年2月10日(日)10:00より
チケットクラブ先行予約 : 2013年2月2日(土)10:00〜17:00のみ

作・演出

松尾スズキ

出演

鈴木杏、少路勇介、オクイシュージ、峯村リエ

チケット取扱

■北九州芸術劇場

■その他取扱プレイガイド

託児サービス(有料・要予約)

お子様連れの方へ
この公演では未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
託児サービスをご利用ください。

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655 (オンラインでのお問い合わせフォームはこちら)

関連サイト・備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団

共催/北九州市

このページのトップへ