HOME > イベント情報 > カンパニーデラシネラ「点と線」

カンパニーデラシネラ 「点と線」 

画像:前回公演より

+クリックすると拡大画像が表示されます

画像:前回公演より 画像:前回公演より 画像:前回公演より

完璧という不自然、
不自然という不完全―。

松本清張『点と線』の世界の根底に流れる“偽りの真実”を、演劇・ダンスの枠を越えて舞台化。昨年、川崎市アートセンターで初演され、好評を得た作品が松本清張にゆかりの深い北九州で待望の再演!

 

国内外で活躍する小野寺修二演出作品にどうぞご期待ください。

 

過去作品映像をご覧いただけます

小野寺氏の演出・振付と、ニコラ・ビュフ氏の舞台美術と、互いの研ぎ澄まされた表現がぶつかり合い、混ざり合って、小説「点と線」は清張生誕100年という節目の年に、新たに美しい舞台として立ち上がりました。

きっかけは数年前、フランスのビュフ氏からの「『点と線』を題材に日本で創作をしたい」とのメールを頂いた時でしたが、期待した以上の作品が誕生しました。このたびいよいよ清張のふるさと・小倉で上演されます。

原作を知る方も、これからの方にも、様々な魅力を楽しんでご覧頂きたい舞台です。

北九州市立松本清張記念館 館長 藤井康栄

公演日程

2010年

12月 12日(日)
17:00

※開場は開演の30分前

※上演時間約1時間15分(休憩なし)

会場

中劇場 座席表はこちら

原作

松本清張

作・演出

小野寺修二

美術

ニコラ・ビュフ

出演

佐藤亮介、鈴木美奈子、関 寛之、藤田桃子、森川弘和、小野寺修二

スタッフ

テキスト協力/小里 清 衣裳/大野雅代 照明/磯野眞也(アイズ) 音響/田中裕一(サウンドウェッジ)

舞台監督/矢島健 小道具/高庄優子 宣伝美術/太田博久(golzopocci) 制作/高樹光一郎(ハイウッド)
製作/APA、カンパニーデラシネラ、川崎市アートセンター

チケット発売日

一般発売開始 : 2010年10月10日(日)10:00より
チケットクラブ先行予約 : 2010年10月2日(土)10:00〜18:00のみ

チケット料金(税込)

全席指定 一般3,500円 / 学生(大学生以下*要学生証提示)2,000円

※当日各500円増
※未就学のお子様はご入場できません

チケット取扱

■店頭販売のみ(一般発売初日チケット発売 10:00〜)

  • 北九州芸術劇場プレイガイド(10:00〜19:00)
  • (財)北九州市芸術文化振興財団(9:00〜17:00、土日祝休み)
  • 響ホール事務室(9:00〜17:00)
  • 松本清張記念館 ミュージアムショップ(9:30〜17:30)

■その他取扱プレイガイド

  • チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:401-987)
  • ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:87945)
  • イープラス(パソコン・携帯) http://eplus.jp/

託児サービス(有料・要予約)

お子様連れの方へ
この公演では未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
託児サービスをご利用ください。

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655 (オンラインでのお問い合わせフォームはこちら)

関連サイト・備考

主催/(財)北九州市芸術文化振興財団

共催/北九州市・北九州市教育委員会

協力/北九州市立松本清張記念館

助成/(財)地域創造

過去作品映像

『点と線』(2009年12月17日〜20日・川崎市アートセンターアルテリオ小劇場) 作・演出:小野寺修二

 

『空白に堕ちた男』 作・演出:小野寺修二

このページのトップへ