HOME > イベント情報 > 北九州演劇フェスティバル2010 語る演劇

人物・劇場・フェスティバル・戯曲 etc.演劇に様々な角度から迫り、

語る形で“演劇”や“劇場”の持つ魅力をご紹介します。

お集まりいただくのは、演劇界の第一線で活躍する劇作家や演出家など。

多彩な活動をされている方ばかりです。

「もっと気軽に“演劇”に出会って欲しい」

という思いを込めて−演劇の今・劇場の今−をお伝えします。

北九州芸術劇場ならではの濃密なラインナップ、どうぞご期待ください。

 

「よりみち企画」押してね♪

画像:宮城聰

北九州演劇祭10周年記念作品「IRON」(作・泊篤志)の演出を手掛けるなど、北九州にゆかりの深い宮城氏。

現在、ご自身が手掛ける静岡県舞台芸術センターでの演劇フェスティバルや、世界各国の演劇祭についてお話いただきながら、その可能性や方向性を考えていきます。

画像:松尾スズキ
 

演劇界だけではなく、映画監督や俳優、作家など多岐に渡ってご活躍中の松尾スズキ氏。北九州ご出身でもある松尾氏の表現活動のルーツやきっかけ、その手法についてなど、“表現者・松尾スズキ”を深く掘り下げます。

画像:内藤裕敬  画像:平田オリザ

公共ホールでの活動も多いお二人に、街に劇場があることにどんな意味があるのか、劇場はどんな使命を持っているのか、住民は劇場とどのように付き合っていったら良いか、そしていかに関わっていくかをお話ししていただきます。

リーディング・プレゼンター

座”K2T3(福岡) ゼロソー(熊本)

ゲストスピーカー

 

「演劇の設計図」と呼ばれる戯曲に焦点を当て、“声に出して読む→耳で聴く”というシンプルなスタイルで戯曲の魅力を探る試みです。

九州圏内で活動する2劇団によるオリジナル作品のリーディング公演の後、劇団とゲストスピーカーが座談会を開催。

九州生まれの同時代の戯曲の魅力を発見していきましょう。

詳しくはこちら♪

 

必要事項を明記の上、下記方法にてお申込み下さい。

必要事項

 1)氏名、2)住所、3)電話番号、4)参加希望日(複数可)

申込先:北九州芸術劇場 語る演劇係

 ハガキ→〒803-0812 北九州市小倉北区室町1-1-1-11 

 FAX→093-562-2633

 メールでのお申し込み・お問合せはこちら

申込期間

 2010年1月4日(月)〜2月28日(日)必着※申込期間を延長しました

 ※お申込みは1件につき1名様のみ

 ※応募者多数の場合は抽選

 ※発表は入場整理券の発送をもってかえさせていただきます。

このページのトップへ