HOME > イベント情報 > サロメ


翻案劇 「サロメ」 

画像:宣伝写真(Photo:西村淳)

+クリックすると拡大画像が表示されます

画像:篠井英介画像:森山開次画像:江波杏子画像:上條恒彦

女方:篠井英介×演出:鈴木勝秀シリーズ第三弾

演劇界でも希有な存在である現代の女方:篠井英介が、最も信頼を寄せる演出家:鈴木勝秀と強力タッグを組み、女形で名作に挑む企画の第三弾。

シリーズの最後を飾るのは『サロメ』です。

預言者・ヨカナーン役にダンサー・森山開次、王妃役に江波杏子、王役に上篠恒彦らベテランを迎え、和楽奏を取り入れるなど幻想的な中にも和のモチーフを盛り込んだ、シリーズを締めくくるに相応しい作品です。

翻案劇

「サロメ」は1892年にオスカー・ワイルドによって書かれた戯曲である。すでに古典の仲間入りをしている。古典戯曲の大きな特徴は、様々な解釈・演出による多様な上演が可能である、ということだ。実際、「サロメ」はこれまで世界中の国々で、その背景となる文化を生かした上演がなされている。今回、“翻案劇”としたのは、僕も先達に倣って、日本文化を生かした形での「サロメ」を創ってみようと思い立ったからだ。
個人的なことで恐縮だが、僕は今年が四十代最後になる。今までやってきた“西洋文化としての演劇”と、“遺伝子レベルの文化”を融合させてみたいと思い始めたのかもしれない。そして、この「翻案劇サロメ」は邦楽による音楽劇でもある。

鈴木勝秀(suzukatz.)

公演日程

2009年

11月 3日(火・祝)
14:00

※前売券は予定枚数の販売を終了しました。

※当日券は開演の1時間前より、中劇場受付にて販売致します。

※開場は開演の30分前

※上演時間約1時間40分(休憩なし)

会場

中劇場 座席表はこちら

原作

オスカー・ワイルド

上演台本・演出

鈴木勝秀

詞章

橋本治

音楽

池上眞吾

出演

篠井英介、森山開次、江波杏子、上條恒彦

演奏

三絃/池上眞吾  篳/利根英法  十七絃/吉澤延隆  尺八/小林幹

チケット発売日

一般発売開始 : 2009年8月30日(日)10:00より
チケットクラブ先行予約 : 2009年8月22日(土)10:00〜18:00のみ

チケット料金(税込)

全席指定 5,000円 (当日5,500円)
※未就学のお子様はご入場できません

チケット取扱

■店頭販売のみ(一般発売初日チケット発売 10:00〜)

  • 北九州芸術劇場プレイガイド(10:00〜19:00)
  • (財)北九州市芸術文化振興財団(9:00〜17:00、土日祝日休み)
  • 響ホール事務室(9:00〜17:00)

■その他取扱プレイガイド

  • 電子チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:393-509)
  • ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:89357)
  • イープラス(パソコン・携帯)   http://eplus.jp/

託児サービス(有料・要予約)

お子様連れの方へ
この公演では未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
託児サービスをご利用ください。

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655 (オンラインでのお問い合わせフォームはこちら)

関連サイト・備考

主催/(財)北九州市芸術文化振興財団

共催/北九州市・北九州市教育委員会

このページのトップへ