HOME > イベント情報 > 北九州芸術劇場プロデュース「青春の門 放浪篇」

北九州芸術劇場プロデュース 「青春の門 放浪篇」 

青春の門 宣伝写真

+クリックすると拡大画像が表示されます

記者会見にて(左:椎木樹人、右:鐘下辰男)

死ぬも生きるも一度じゃなかか!
日本の青春文学の金字塔、『青春の門』舞台化

五木寛之の『青春の門』(講談社刊より)第三部「放浪篇」を、北九州芸術劇場プロデュースにより初の舞台化!

 

時は60年安保闘争前夜。青年・伊吹信介は大学進学のため故郷筑豊から上京し、そこで出会った劇団の仲間と大いなる志を持って函館へ渡る。

「この旅のなかから何かを創り出し、そいつを持って東京へ帰ろうと考えている」

「中央から地方へという形を、反対に地方から中央へと逆流させたい」

そんな彼らの熱い思いの前に厳しい「現実」が立ち塞がる…。

 

キャストは北九州を中心に全国から集まったオーディションの選抜メンバー。演出は、この物語の若者たちに熱い共感を寄せる鐘下辰男。北九州芸術劇場が贈る時代を超えた青春群像の物語。

プロフィール

原作/五木寛之(いつき ひろゆき)

1932年、福岡県に生まれる。戦後、北朝鮮より引揚げ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年、『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞受賞。『青春の門』で吉川英治文学賞をうける。代表作は『朱鷲の墓』『戒厳令の夜』『蓮如』『大河の一滴』『21世紀仏教への旅』。翻訳に、チェーホフ『犬を連れた貴婦人』、リチャード・バック『かもめのジョナサン』、ブルック・ニューマン『リトルターン』等がある。第一エッセイ集『風に吹かれて』は刊行40年を経て、現在総部約460万部に達するロングセラーとなっている。ニューヨークで発売された、英文版『TARIKI』は大きな反響を呼び、01年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門)に選ばれた。また02年度第50回菊池寛賞を受賞。 81年より休筆、京都の龍谷大学において仏教史を学ぶが、85年より執筆を再開し、現在直木賞、泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞その他多くの選考委員をつとめる。 最新作に東京書籍刊『私訳 歎異抄』がある。

 

脚本・演出/鐘下辰男(かねした たつお)

1987年に演劇企画集団THEガジラを創立。以後、劇作家・演出家として作品を発表。92年に「tatsuya〜最愛なる者の側へ」等で第42回芸術選奨文部大臣賞新人賞を受賞。97年には第32回紀伊国屋演劇賞個人賞を「PW」の戯曲と演出、文学座に書き下ろした「寒花」で受賞。また第5回読売演劇大賞の大賞・最優秀演出家賞を「PW」、「温室の前」(作:岸田國士)、「仮釈放」(原作:吉村昭)、「どん底」(作:松田正隆)の4作品で受賞。近年の演出作品では「クラウディアからの手紙」、「死の棘」など。北九州芸術劇場では06年8月にリーディング・セッション Vol.6『近代能楽集』を演出。多方面に仕事の幅を広げながら、常に日本人を見据えた作品を作り続けている。

公演日程

2008年3月19日(水)〜23日(日)

3月 19日(水) 20日(祝・木) 21日(金) 22日(土) 23日(日)
13:00    
18:00      
19:00      

☆アフタートークあり

※開場は開演の30分前
※上演時間120分(予定)

会場

小劇場 座席表はこちら

原作・脚本・演出

原作/五木寛之(『青春の門』講談社刊より)  脚本・演出/鐘下辰男

出演

椎木樹人(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)、有門正太郎(飛ぶ劇場)、井上郁朗(のこされ劇場≡)

小林類、清水裕子(のこされ劇場≡)、上瀧征宏(テツ・レボ)、中村公美(テツ・レボ)、葉山太司(飛ぶ劇場)

平田瑞希、松下 好、宮地悦子(演劇集団フリーダム)、宮脇にじ、森 光佐(のこされ劇場≡)

 

坂口芳貞(文学座)

スタッフ

美術/島 次郎 照明/乳原一美(北九州芸術劇場) 音響/杉山 聡(北九州芸術劇場)

衣裳/伊藤早苗 演出助手/市原幹也(のこされ劇場≡) 舞台監督/渡部洋士(北九州芸術劇場)

テクニカルマネージャー/樋田浩昭(北九州芸術劇場) 宣伝美術/トミタユキコ(ecADHOC)

宣伝営業/佐藤和久(北九州芸術劇場) 制作/黒崎あかね・国好みづき・野林紗恵(北九州芸術劇場)

プロデューサー/能祖将夫(北九州芸術劇場)

チケット発売日

一般発売開始 : 2008年1月27日(日)10:00より
チケットクラブ先行予約 : 2008年1月19日(土)10:00〜18:00のみ

チケット料金(税込)

全席指定 一般3,000円、学生2,500円
※当日各500円増
※未就学のお子様はご入場できません

チケット取扱

■店頭販売のみ(一般発売初日チケット発売 10:00〜)

  • 北九州芸術劇場プレイガイド(10:00〜19:00)
  • (財)北九州市芸術文化振興財団(9:00〜17:00、土日祝日休み)
  • 響ホール事務室(9:00〜17:00)

■その他取扱プレイガイド

  • 電子チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:377-619)
  • ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:85484)
  • イープラス(パソコン・携帯)   http://eplus.jp/

託児サービス(有料・要予約)

お子様連れの方へ
この公演では未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
託児サービスをご利用ください。

お問い合わせ

北九州芸術劇場
TEL 093-562-2655 (メールフォームからのお問合せはこちら)

関連サイト・備考

東京公演 2008年3月28日(金)〜30日(日) あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

あうるすぽっと/http://www.owlspot.jp

このページのトップへ