HOME > 参加者募集 > 音楽がヒラク未来〜音楽で越境する〜

参加者募集

公演スケジュール一覧へ

全国4館連携フォーラム事業
音楽がヒラク未来〜音楽で越境する〜@北九州芸術劇場

仲道郁代芸術監督・監修:仲道郁代
photo:KiyotakaSaito

聴くことから始めよう

私たちは古来、「聴く」という素晴らしい力を持っています。

自然の音を聴き、気配を聴く。

自分の心に耳を傾け、他者の心に耳をすます。

「聴く」ということは、心模様に思いを巡らせ、その機微を感じ取り、言葉にならないようなものを想像することなのだと思います。人と人は、聴こうとする行為なしに、わかり合うことも、つながることも、できないのかもしれません。

社会が揺れ動き、変わっていこうとする今、漠然とした不安に耳をふさぐのではなく、耳を開いて聴くことの大切さを、改めて見つめてみたい―。

音楽には、生きるという不変の営みにおける喜びや悲しみ、恐れ、驚き、祈り、願いが内包され、人はそれを聴いてきました。特にクラシック音楽は、長い歴史によって凝縮した人生の真理を孕み、耳を傾けること、想像すること、考えることを人に課してくれるのです。

現代の社会において音楽が果たしうる大きな可能性がここにあるのではないか。

その可能性を模索し、社会へと役立てることに、全国の4つの会館が取り組みます。

●音楽は「学び」の現場で子どもたちに何をもたらすことができるのか(札幌コンサートホールKitara)

●音楽の力を伝え、広める人材をどのように「育成」すべきか(東京文化会館

●音楽は「地域社会」にどのような活力を創出できるのか(上田市交流文化センター[サントミューゼ])

●音楽が「越境」することでどのような広がりが生み出されるのか(北九州芸術劇場)


音楽がヒラク未来。

聴くことから始まる未来を、私は信じています。

仲道郁代

日程

2017年6月14日(水)〜15日(木) 2日間

対象

公共ホール職員、アーティスト、地方公共団体の文化行政担当者、学生など

参加費

無料

プログラム

14日(水)12:45〜18:15

講演
「“聴く”は越境のカギ」

講師:仲道郁代 進行:津村卓・小澤櫻作

聴くことの意味、聴くことが何をもたらすのかを考えます。

ワークショップ体験
「音と身体の泉から」

講師:仲道郁代・セレノグラフィカ

音楽とダンスのコラボワークショップの体験を通して、芸術が越境することにより生まれる可能性を考えます。

講演
「芸術と社会の越境性とは」

講師:吉本光宏

社会における芸術の役割について、さまざまな事例をもとに考えます。

15日(木)10:00〜18:00

パネルディスカッション
「音楽と他ジャンルの越境にかかる事例紹介」

講師:音楽×ダンス作品:中村透・セレノグラフィカ
   音楽×演劇作品:仲道郁代・内藤裕敬

音楽×ダンス、音楽×演劇のそれぞれの作品を北九州の事例をもとに紹介します。

プレゼンテーション
「アーティストによるプレゼンテーション」

プレゼンアーティスト:有門正太郎(演出家・俳優)・山本朝子(ピアニスト)

解説:仲道郁代・内藤裕敬

北九州の演劇人とピアニストが越境をテーマとしたプレゼンを行います。プレゼン後は内容を解説します。芸術の越境はどんなことをもたらすのか一緒に考えます。

グループディスカッション
「芸術を越境させよう」

ファシリテーター:中村透・内藤裕敬・吉本光宏・津村卓・小澤櫻作

2日間のプログラムを受け、今後具体的に行動するためには何が必要なのか、グループに分かれて話し合い発表します。

〜コンサート〜

出演:仲道郁代(ピアノ)、セレノグラフィカ(ダンス)

2日間に渡って行われる「音楽がヒラク未来@北九州芸術劇場」の締めくくりには、スペシャルコンサートを開催します。
*コンサートのみのご来場はできませんのでご了承ください。

会場

小劇場・創造工房

応募締切

2017年5月15日(月)必着

応募方法

専用の応募用紙[PDF523KB]に必要事項を記入のうえ、郵送・FAX・メールのいずれかでお申し込みください。募集要綱はこちら[PDF10.3MB]

  • 応募者多数の場合は抽選になります。結果は、10日前までに郵送します。
  • メールでお申込みの場合は、件名を「音楽がヒラク未来参加申込み」としてお送りください。受付後、こちらから確認メールを返信いたします。

申し込み

〒803-0812

北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11

北九州芸術劇場「音楽がヒラク未来」係

TEL 093-562-2620 / FAX 093-562-2633

@

備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団

共催/北九州市

連携館/札幌コンサートホールKitara、東京文化会館、上田市交流文化センター サントミューゼ
    北九州芸術劇場

芸術監督・監修/仲道郁代

助成/(一財)地域創造、平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

企画/北九州芸術劇場

このページのトップへ