HOME > 参加者募集 > 劇場塾2016「地域文化コーディネータークラス」

参加者募集

公演スケジュール一覧へ

劇場塾2016
「地域文化コーディネータークラス」 ※募集は終了しました

画像:劇場塾2016チラシ
募集要綱はこちら[PDF3.33MB]

今、劇場や舞台芸術を取り巻く環境は日々変化を続けています。北九州芸術劇場では、これからの地域文化の振興を担う人材(市民、劇場・文化施設等のスタッフ、地域のアーティスト等)の育成や人的ネットワークの形成を目的に、舞台芸術分野の専門家を招いたレクチャーやワークショップなどを開催します。

地域の文化を担うコーディネーターを養成するためのクラスです。今回はダンスをキーワードにアートと社会を考えます。双方向のゼミ形式で行い、ワークショップ体験なども行います。


≪講師≫
栗林礼也【(一財)地域創造・ダンス担当ディレクター】
セレノグラフィカ【ダンサー・振付家】
神前沙織【NPO法人Japan Contemporary Dance Network】

日程

2016年11月18日(金)〜19日(土)

対象

地方公共団体文化行政担当者、公共ホール職員、地域文化コーディネーターに関心のある教育・福祉・NPO等関係者、アーティスト、学生など

定員

20名程度

参加費

2,000円

プログラム

18日(金)17:30〜20:45

オリエンテーション

ダンスワークショップ体験

講師:セレノグラフィカ【ダンサー・振付家】

自己紹介を兼ねて、ダンス体験。言葉ではなく身体をつかったコミュニケーションを体験します。(ダンス経験は不問です)

アーティストの立場から

講師:セレノグラフィカ【ダンサー・振付家】
   栗林礼也【(一財)地域創造・ダンス担当ディレクター】

アーティストの立場から、コーディネーターの立場から、それぞれが考える“ダンスだからできること”を探ります。

19日(土)10:30〜17:00

社会とアートをつなぐ取り組み

講師:栗林礼也【(一財)地域創造・ダンス担当ディレクター】、他

いま全国で地域資源を活かしたアートプログラムが注目されています。地域でどのような取り組みが行われているのか“ダンス”をキーワードに事例を紹介します。

各地の事例から学ぶ NPOなどの事例紹介

<講師が追加になりました>
講師:神前沙織
【NPO法人Japan Contemporary Dance Network】

「振り返り」

これまでの講座をふまえて、見えてきた地域の課題や新しいアイデアなどをみんなで共有し、参加者同士でのグループワークや、講師やアーティストとも様々な意見交換を行います。

会場

創造工房

応募締切

2016年10月31日(月)必着 11月10日(木)必着 ※締切を延長しました

応募方法

専用の応募用紙[PDF784KB]に必要事項を記入のうえ、郵送・FAX・メールのいずれかでお申し込みください。募集要綱はこちら[PDF3.33MB]

  • 応募者多数の場合は抽選になります。結果は、10日前までに郵送します。
  • 複数クラスへの参加も可能です。
  • メールでお申込みの場合は、件名を「劇場塾参加申込み」としてお送りください。受付後、こちらから確認メールを返信いたします。

申し込み

〒803-0812

北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11

北九州芸術劇場 「劇場塾2016」係

TEL 093-562-2620 / FAX 093-562-2633

@

お問合せ

地域文化コーディネータークラス(担当:高橋、田中、安元)

TEL 093-562-2620 / FAX 093-562-2633

@

備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団

共催/北九州市

助成/(一財)地域創造、平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

このページのトップへ