HOME > 参加者募集 > 「ストリッパー物語」関連企画 いのうえ流つかメソッドワークショップ発表ステージとアーティストトーク

参加者募集

公演スケジュール一覧へ

「ストリッパー物語」関連企画
いのうえ流つかメソッドワークショップ発表ステージとアーティストトーク
※募集は終了しました

画像:つかこうへい

今回の「いのうえ流つかメソッドワークショップ」の講師であるいのうえひでのり氏のワークショップ発表ステージとそのフィードバックをご覧いただき、福岡時代につかこうへい氏にインスパイアされ、演劇の道に本格的に取り組み出したいのうえ氏に、つかこうへい氏の演劇に対する思いやその手法をいのうえ氏の思いを込めて話していただきます。
そして、現在自らが率いる劇団☆新感線の変遷や現在を話していただきます。

プロフィール

いのうえひでのり(演出家・劇作家・劇団☆新感線主宰)

1960年1月24日福岡県出身。演出家・劇作家・劇団☆新感線主宰。
1980年大阪芸術大学在学中に劇団☆新感線を旗揚げ。旗揚げ当初、つかこうへい作品に魅せられ主につか作品を上演していたが、1984年にオリジナル路線に変更。1988年、派手な照明とハードロックの音楽でドタバタ活劇をみせる作風で東京へ進出。東京と大阪の公演で徐々に観客動員を伸ばしていく。1999年以降、音楽を前面に出した“Rシリーズ”、作・演出を行う笑いをふんだんに盛り込んだ“ネタもの”、 ドラマ性に富んだ外連味たっぷりの時代活劇“いのうえ歌舞伎”など、エンターテイメント性にあふれた多彩な作品群で“新感線”という新たなジャンルを確立させた。劇団外でも、パルコ・プロデュース公演『リチャード三世』(08)、『ロッキー・ホラー・ショー』(11)、シス・カンパニー『今ひとたびの修羅』(13)、ヴィレッヂプロデュース『断色』など、プロデュース公演の演出を多数手掛けている。第14回日本演劇協会賞、第9回千田是也賞、第61回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

日程

2013年7月27日(土)18:30
「いのうえひでのり流つかメソッドWS」(7月25日〜27日)参加者による発表ステージもご覧いただきます。

場所

大ホール

参加条件

8月3日(土)・4日(日)中劇場で行われる「ストリッパー物語」公演チケットをお持ちの方。

※当日、受付時にご提示いただきます。

定員

100名程度

※応募者多数の場合は抽選となります。

参加費

無料

応募締切

2013年7月15日(月祝)必着

応募方法

メール、FAX、はがきのいずれかに〔1〕〜〔3〕までをご記入の上、下記宛先までお申込みください。

〔1〕住所 〔2〕氏名 〔3〕連絡先(電話・メール)

  • 1件のお申込みで1名様の受付となります。
  • メールでお申込みの場合は、件名を 「いのうえひでのりトーク応募」としてください。
  • 未就学のお子様はご入場できません。
  • 抽選結果は、申込み者全員にメールかはがきにてお知らせいたします。

申し込み/お問合せ

〒803-0812

北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11

北九州芸術劇場「いのうえひでのりトーク」係

TEL 093-562-2620 / FAX 093-562-2633

メールでのお申し込み・お問合せはこちら「ワークショップ・講座について」を選択ください

備考

主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団

共催/北九州市

助成/一般社団法人全国モーターボート競走施行者協議会、財団法人地域創造

このページのトップへ