HOME > 参加者募集 > エンゲキで私イキイキ、地域イキイキ

参加者募集

公演スケジュール一覧へ

エンゲキで私イキイキ、地域イキイキ

<参加者募集チラシ 表面PDF1.64MB>

<参加者募集チラシ 中面PDF2.15MB>

演劇を通して人と地域が生き生きと
キーワードは・・・異年齢×地域

日本全国から、個性的な講師が集まってくれました!

新しい「演劇」ワークショップが、北九州市の各地で展開されます。ヒトコトに「演劇」といっても、可能性は無限大。演劇というジャンルを通して、出会いや発見を体験してみませんか?

今まで以上に地域に焦点をあてたプログラムとも言えるイキイキ企画に、ぜひご期待下さい。

 

企画についてはこちら

リポートサイトはこちら

フリマ演劇!!想い出交換しませんか?

画像:ワークショップ風景

もしかして使うかも?機会があったら捨てるのに…。そう思いながら捨てられない物って意外と多くないですか?一緒にフリーマーケットをやりましょう!フリマ演劇では、物にまつわる想い出を演劇にして品物と一緒にフリマします。一度はいらないと思った物から、今度は新しい想い出も作っちゃおう!

(参加者にはフリマに出展しても良いと思う物を持って来ていただきます。※演劇ワークショップですので、現金での売買などは行いません。

≪日   程≫ 2009年11月7日(土)・8日(日) 〔7日・8日/13:00〜17:00〕

≪対   象≫ 中学生以上

≪会   場≫ 湯川市民センター(小倉南区)

≪申込締切≫ 10月28日(水)必着

がぞう:南波 圭

□講師 南波 圭
なんばけい/俳優。大学卒業後NINAGAWAカンパニーを経てフリーに。蜷川幸雄演出作品やチェルフィッチュ、指輪ホテルなどの前衛的な作品になどに出演する一方、演劇ワークショップに関わり始める。子供からシルバー世代、障害を持った人たちなど、幅広い方々との多彩な演劇づくりに励んでいる。また、地元群馬県でお母さん世代と「かかあ祭り」をやるべく、ただいま画策中。

 

このページのトップへ

みつけた、新しい物語!絵本を作ろう、絵本を読もう。

画像:ワークショップ風景

お話と遊びましょう。最初の日はお話を聞いて、自分たちの体で立体絵本を作ります。僕たちの体はどんな絵を作ることができるかな?次の日は紙に描いて絵本を作るよ。自由にたくさん大きな紙に絵を描こう。お話は自分の絵をゆっくり眺めたら自然に生まれてくるよ。体を動かしたり、物語を遊んだりしながら、世界に一冊のオリジナル絵本を作るワークショップです。

≪日   程≫ 2009年11月21日(土)・22日(日) 〔21日・22日/10:00〜15:00※途中食事休憩1時間

≪対   象≫ 小学校4年生以上

≪会   場≫ 修多羅市民センター(若松区)

≪申込締切≫ 11月11日(水)必着

画像:上田真弓

□講師 上田真弓
うえだまゆみ/大阪生まれ広島育ち。大学入学を機に沖縄へ。地元の劇団で演劇活動を始める。演劇企画「魚の目」を経て、フリーで劇作、演出、舞台・映像への出演を行う。ほかに、子どもたちのための演劇ワークショップや、一般の人のための朗読講座、表現ワークショップ。「ホエタマカイの夜」(98年)で沖縄市戯曲大賞佳作受賞。ウニココ楽団代表。珊瑚舎スコーレ講師/沖縄国際大学非常勤講師
ウニココ楽団 http://web.mac.com/unicoco/

 

このページのトップへ

演劇LOVEワークショップ コミュニケーション編・想像力編

画像:「ロミオとジュリエット」@アルコ芸術劇場(ソウル)
「ロミオとジュリエット」
@アルコ芸術劇場(ソウル)

演劇は再現の芸術です。再現とは単に反復ではなく、再び現象を起こす事。コミュニケーション編では、日常会話を元にコミュニケーションの仕組みを探り、自分や他者の再現、様々なコミュニケーションにチャレンジします。想像力編では、コミュニケーションに必要な「相手への想像力」をどこまでも膨らませ、様々な相手と仲良くしてみます。机と?床と?言葉と仲良くするには? 想像力は表現の始まり、ちょっと不思議なコミュニケーション体験で表現の世界を覗いてみましょう。演劇への愛と共にお届けします。

≪日   程≫ 2009年11月28日(土)・29日(日) 〔28日/14:00〜16:30 29日/10:00〜12:30〕

≪対   象≫ 中学生以上

≪会   場≫ 枝光北市民センター(八幡東区)

≪申込締切≫ 11月18日(水)必着

画像:多田淳之介

□講師 多田淳之介
ただじゅんのすけ/1976年生。東京デスロック主宰。青年団演出部所属。「演劇LOVE」を公言し、演劇の幸せを宿志とし活動中。現代口語演劇から身体表現まで幅広く作品を手がけ、身体への負荷を利用した演出が特徴。海外での創作、国際演劇祭ディレクター、地域・教育機関へのアウトリーチなど、国際・教育・地域を軸に活動を行う。東京デスロックは2009年より東京公演を休止し、埼玉県富士見市民文化会館キラリ☆ふじみのレジデントカンパニーとして活動中。

 

このページのトップへ

オトナとコドモ!親子で創って遊ぼう!街のワンシーン

画像:ワークショップ風景

私たちの住んでいる町には、ステキな人、面白い人、不思議な人、いろんな人が一緒に住んでいます。いつもとはちょっと違う空間で、自分とはちょっと違う人と、自分とよく似ている人と出会ってみませんか?いつもは「お母さん・お父さん」だけど、いつもは「子ども」だけど今日だけはいつもとちょっと違うカンケイ。親子で、おとなと子どもで私たちだけの街のワンシーンを創ってみましょう。親子を中心に小学校4年生以上の子どもとおとな集まれ!

≪日   程≫ 2009年12月5日(土)・6日(日)

          〔5日/14:00〜17:00 6日/10:00〜15:30※途中食事休憩1時間

≪対   象≫ 小学校4年生以上(親子での参加歓迎)

≪会   場≫ 貴船市民センター(小倉北区)

≪申込締切≫ 11月25日(水)必着

画像:吉蜑タ代子

□講師 吉蜑タ代子
きりゅうかよこ/1975年生まれ・福岡県飯塚市在住
ドラマティーチャー(表現教育家)・九州大谷短期大学非常勤講師・劇団翔空間 俳優(特非)こどもと文化のひろば わいわいキッズいいづか事務局
‘97年より演劇的手法の一つである「ドラマ」を用いて子ども達・おとな達と共にコミュニケーションから創作・創造への演劇活動を展開。小学校・NPO団体など北九州を始め県内を中心に実践多数。

 

このページのトップへ

わたしは町の発掘隊!!

画像:情宣写真

町の発掘隊になってみませんか?
発掘に必要なものはふにゃふにゃな頭(笑)。ワークショップで頭をふにゃふにゃにしてみよう。さあ、町に出て行き発掘してみよう。自分の町にこんなモノがあるんだーと発掘し、これまでとは違った町の姿がみえてくるワークショップです。エン ゲキを通して町そして自分を楽しんでみませんか?大人から子どもまで気軽に楽しめるワークショップです。北九州が大好きな方是非参加してみてください。

≪日   程≫ 2009年12月19日(土)・20日(日)

          〔19日/13:00〜17:00 20日/10:00〜14:00※途中食事休憩1時間

≪対   象≫ 小学校4年生以上

≪会   場≫ 大里東市民センター(門司区)

≪申込締切≫ 12月9日(水)必着

画像:有門正太郎

□講師 有門正太郎プレゼンツ(有門正太郎・加賀田浩二)
ありかどしょうたろう/有門正太郎プレゼンツ主宰、1975年生。倉本聰主宰「富良野塾」、泊篤志代表「飛ぶ劇場」所属。役者として様々なツアー公演など参加する傍ら高校演 劇専科の講師経験を活かし、北九州芸術劇場「出前ワークショップ」「チャレンジ!えんげき09」の総合演出も務める。様々な人と出会い皆を満点の笑顔にしたいと考える。コンセプトは「日常的要素を持ち込み演劇的エッセンスを加えることで、より親しみ楽しんでもらおう」。

 

このページのトップへ

WATCHING!―のぞいてみよう、アナタとワタシの生活空間―

画像:2008年公演「ツキコイシ」より
2008年公演「ツキコイシ」より

街では様々な人が生活しています。ふと見渡すと、犬の散歩をする人、学校帰りの子ども、バスの運転手さん・・・実にたくさんの人が一緒に暮らしています。しかし、その人たちがどんなことを考えて生活しているか、想像したことはありますか?このワークショップでは、参加した皆さんがいつもどんな生活をしているのか観察し合い、街の風景を作ってみます。みんなが暮らす街にはどんな物語が潜んでいるか、一緒に見つけてみませんか?

≪日   程≫ 2010年1月16日(土)・17日(日) 〔16日/14:00〜17:00 17日/13:00〜17:00〕

≪対   象≫ 小学校4年生以上

≪会   場≫ 塔野市民センター(八幡西区)

≪申込締切≫ 2010年1月6日(水)必着

画像:福田修志

□講師 F’s Company(フーズ・カンパニー)福田修志
ふくだしゅうじ/F’s Company代表・劇作家・演出。1975年生。長崎市出身。人の脆さを描いた作品や、『今の長崎』をモチーフにした作品を生み出している。「演劇を長崎の娯楽のひとつに」という想いから、どの作品にも必ず笑いを誘う要素を盛り込み、気軽に演劇を楽しめる環境作りにも取り組んでいる。昨今では、地元長崎の市民参加舞台において演出補佐を務めるなど演劇初心者への演劇ワークショップ的な指導も行っている。

 

このページのトップへ

街のお話、気軽にエンゲキ

画像:ワークショップ風景

演劇は難しい?演劇は恥ずかしい?あんまり見たりやったりする機会のない演劇かもしれませんがこの機会に演劇に触れてみませんか?素材は身近な街の中。初めてであった隣の人。どんなことでも演劇になります。街の中に不思議に思うことや疑問はないですか?普段何気なく歩いている道や、良く知ってるはずの場所でも、注意深くなぜだろうどうしてだろうという疑問の目を持って見れば、ほーら見えてくる。街の中の物語をみんなで演劇にしてみよう。

≪日   程≫ 2010年1月23日(土)・24日(日) 〔23日・24日/13:00〜17:00〕

≪対   象≫ 小学校4年生以上

≪会   場≫ 沢見市民センター(戸畑区)

≪申込締切≫ 2010年1月13日(水)必着

画像:柏木陽

□講師 柏木陽
かしわぎあきら/演劇百貨店代表/演劇家。1993年、演劇集団「NOISE」に参加し、劇作家・演出家の故・如月小春とともに活動。2003年にNPO法人演劇百貨店を設立し、代表理事に就任。全国各地の劇場・児童館・美術館・学校などで、子どもたちとともに独自の演劇空間を作り出している。近年の主な仕事に、兵庫県立こどもの館や、世田谷美術館での中高生向けワークショップの進行など多数。青山学院女子短期大学、大月短期大学、和光大学等で講師もつとめる。

 

このページのトップへ

参加費

1ヶ所につき500円(2日間通しての参加)

募集人数

1ヶ所につき20名

※応募者多数の場合は抽選を行います。

  結果は各回の締切日以降に郵送にて応募者全員にお送りいたします。

応募方法

メール、FAX、ハガキに以下をご記入の上、下記「イキイキ」係までお申込みください。

※1回のお申込みで1名、1ヶ所とさせていただきます。
〔1〕参加したい日時と会場名  〔2〕住所  〔3〕氏名  〔4〕年齢

〔5〕電話番号  〔6〕職業・学校名  〔7〕応募動機(何文字でもかまいません)

申し込み/お問合せ

〒803-0812

北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11

北九州芸術劇場 学芸係(福岡・野林)

TEL 093-562-2535

FAX 093-562-2633

メールでのお申し込み・お問合せはこちら「ワークショップ・講座について」を選択ください

個人情報保護法について

お申し込みいただいた個人情報は、個人情報保護規定に従い厳重に管理し、本ワークショップ実施のために使用いたします。また、今後のワークショップ等のご案内に使用させていただきます。今後の案内を希望されない場合は、その旨もご記入の上、お申し込みください。

備考

主催/(財)北九州市芸術文化振興財団
共催/北九州市・北九州市教育委員会
助成/(財)地域創造
企画・製作/北九州芸術劇場

このページのトップへ