HOME > 劇場について > 沿革

沿革

北九州芸術劇場の建設について

北九州芸術劇場は、北九州市の都心再開発の一環として、明確な理念を持つ広域的な文化拠点として再開発事業で建設されました。1992年頃から構想、2000年に建設着手、2003年8月にオープンしました。
北九州市は小倉北区の中心市街地を、“北九州市の都心”と位置づけ“百万都市の顔”にふさわしいまちづくりを目指しました。20年ほど前から市の魅力を高めるプロジェクトとして、北九州市および民間企業が紫川周辺一体の再開発に取り組みを始め、その周辺開発の中核となる施設として「リバーウォーク北九州」が誕生し、リバーウォーク北九州の高層階に北九州芸術劇場が誕生しました。

沿革

1988年 北九州市ルネッサンス構想策定
1990年  8月 紫川マイタウン・マイリバー整備計画認定
1992年  5月 小倉北区役所用地拠点開発検討委員会答申
  • 北九州広域都市圏の中核となる文化拠点
  • 商業機能や業務機能を合わせ持つ賑わいの複合施設
1993年  9月 市制30周年記念事業として北九州演劇祭がスタート
1996年  12月 室町一丁目地区再開発準備組合設立
1998年  3月 文化拠点整備・運営計画検討委員会報告
1999年  6月 室町一丁目地区市街地再開発組合設立
2000年  7月 建設着手
2000年  12月 劇場開設のプレ事業としてシアタープロジェクト2003開始
2003年  8月 北九州芸術劇場 開館

 

 

北九州芸術劇場の事業計画

このページのトップへ